「KUBO/2本の弦の秘密」を見たよ~





映画「KUBO/2本の弦の秘密」を見たよ。

最初は「これ本当にストップモーションアニメなの!?すごい!」ってなります。
そして途中からストップモーションアニメ云々はすっかり忘れて、内容に没頭。
見終わったあとで「あ、これストップモーションアニメだったんだっけ?え、怖い」ってなります。

あらすじ

三味線を演奏すると紙を操ることができる少年クボと仲間たちの冒険が描かれています。
世界観が日本っぽいですよ。
ストップモーションアニメ(コマ撮りで人形を少しずつ動かすアレ)とCGで撮影されています。

猿の毛並みいいよね。
なんとなく氷っぽいんだけど実は柔らかいという。

撮影で使われた人形が新宿バルト9に展示してありますので、ぜひ実物をご覧ください。
クボ、猿、クワガタ、闇の姉妹の片方が展示してありましたよ。

私は字幕版を見たのですが、吹き替え版も好評らしいので見に行きたいです。

それにしても、どんだけ時間かけて撮影したんだよと思ったら公式サイトに載っていました。
総作業時間はだいたい115万時間らしいですよ。
計算したんですけど115万時間ってだいたい131年に相当するんですね。寿命オーバーかよ。
(115万÷24÷365=約131 …計算合ってるよね?不安になるぞ131年。)

この映画に関わったクリエイター怖い。(褒めてます)

本日もよろしければ当ブログにご投票をお願い致します。

人気ブログランキング

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で