花粉症の話を3日連続で投稿してやるぞ!





どもこんにちは。
今日も今日とて花粉症ネタです。
LEDの光で鼻炎の症状を抑えることが出来るらしいです。
花粉症対策治療機器バイオネット
ちょっとお高いですが、30日間返品OKとのこと。
試してみようと思います!そろそろ届く頃・・・!

毎年病院行ったりドラッグストアで薬買ったりするので、15000円で鼻炎が治るなら安いもんだと思うんですよ!

一言

電子工作クラスタの人から、こんくらい自作しろとか言われそうな気がしないでもない・・・。
ブログランキング参加中です。1クリックお願いします!

花粉症から卒業したいぜ!!


▽▽ ブログランキング参加中 ▽▽

にほんブログ村 イラストブログ プロイラストレーターへ   

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事へのコメント

  1. 「花崗岩」は「ラジウム石」のひとつで天然の放射線を出しています。秋田の玉川温泉が最近、雪崩でニュースを賑わしてましたが、そこのガンの湯治に使われている岩盤浴の石も「花崗岩」で0.5μsv/h程の天然放射線を出してます。
    それに対し、通常河原や海岸で見られる「花崗岩」は全国的に0.3μsv/h程度の放射線を出しています。これは家庭のコップや茶碗、水場のタイルと同程度の天然放射線を出していて、本格的ラジウム温泉の2〜20μsv/hに比べると10分の1〜100分の1程度にしか過ぎないため特に時間制限もなく温泉法上でも温泉とは見なされませんが効果は十分あるそうです。しかも濃縮、臨界後のプルトニウムや劣化ウランなどと違い体内濃縮、蓄積もなく、また中性子を照射して作るX線原のコバルト60などの人工放射線とも違い人体に安全で弱く、電磁波特性も異なる別物です。人工放射線は低線量でもガンを引き起こしますが天然放射線はガンを治すようです。人類は進化過程でこれに適応してるようです。ホルミシス効果として使われるのももちろん天然放射線です。オーストリアなど海外ではガンなど難病をラジウム鉱石で治すのは常識で万病に対し75%以上の効果が国家的に認証され健康保険も適用されてるようです。日本の3大ラジウム温泉は即効性のある花崗岩などα線タイプが主流のようです。それに対し穏やかに免疫を上げ有害電磁波をある程度遮蔽するβ線タイプの「姫川薬石」などは「薬石風呂」などのストーンセラピーで使われているようです。基本的使い方は一晩石を漬けた「温泉水→活性水(おいしい水)」を飲む、お風呂に2kg程入れてラドン温泉や薬石風呂に、患部に当てるだそうです。全てのラジウム石は遠赤外線効果を発揮し自然の進化と浄化作用を担っているようです。
    ttp://turu1000.at.webry.info/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください