イラストのノウハウ

診断チャート付き!ペンタブ、液タブ、iPad、どれを買う?

おはようございます。
アイドル活動、略して朝活!を続けている山本です。

山本はこう見えて11年間イラストレーターをしています。
その間、ペンタブ、液タブ、iPadとツールを乗り換えてきました。

今回は、デジタルお絵かきを始めるに当たって、ペンタブ、液タブ、iPadのどれを買うべきか悩んでいる人向けの記事です。
デジタルお絵かき初心者の人は、どのくらいお金をかけていいのかが一番悩むところだと思ったので、かけられる金額別にざっくり作ってみました。

改良点があったらコメントください!

この後めちゃくちゃ長文なので、自分が読みたいところだけ目次から飛ぶのをオススメします!

ペンタブの特徴

山本は学生時代も含めると、8年くらいペンタブを使っていました。

ペンタブのメリット
  • 値段が安い
  • 視差がない
  • トラブルが起きにくい
  • CLIP STUDIO PAINTが同梱されている場合も
ペンタブのデメリット
  • パソコンが必要
  • 液タブ、iPadより慣れが必要 なことです。

メリット、デメリットを1つずつ解説していきます。

ペンタブのメリット

値段が安い

安いモデルは1万円を切っているので、価格面で導入がしやすいです。

高校生のときバイト代をはたいてペンタブを買ったのが、山本のデジタルお絵かきのスタートです。

液タブになると一気に値段が上がるので、お金をかけたくないとにはペンタブがいいんじゃないかなと思います。

ちなみに仕事で使うようになってからは、高いペンタブを買いました。後継機はこちら。

4万円以内でiPadも買えますが、Apple Pencilが意外と高いことと、CLIP STUDIO PAINTが買い切りでなくサブスク(毎月課金)になることに注意してください。

視差がない

液タブ、iPadのように画面とペン先がずれることがないです。

ペンタブの根強いファンは、これを理由に支持をしている気がします。

トラブルが起きにくい

個人的には、ペンタブはトラブルが起きにくいと思います。

液タブとiPadはトラブルに見舞われたことがありますが、ペンタブは何かあっても接続し直せば解決していたように思います。

ハードウェア的に、液タブとiPadよりシンプルなおかげでしょうか。

CLIP STUDIO PAINTが同梱されている

最初のお絵かきソフトはどれを買うか迷う人が多いと思います。

個人的には、CLIP STUDIO PAINTを買うのがおすすめです。

CLIP STUDIO PAINTは多機能で5000円くらいで買えます。
これを買えばほぼ間違いないと感じます。

ペンタブに同梱されていることがあるので、お金がない時には結構大きいメリットだと思います。

ペンタブのデメリット

パソコンが必要

ペンタブは単体では使えないので、パソコンも買う必要があります

ただ、求められるスペックはそんなに高くない印象です。

5万円くらいの安いPCでもペン入れと着色は問題なくできると思います。

ただ、3DCGの激重処理とかは厳しいかも。(これはもはやペンタブのせいではないが?)

最近の安いPCはすごいから、意外とやってくれるんでしょうか?誰かコメントで教えてください。

最初は慣れが必要

ペンタブは練習しないと線が死にます。

他のツールより付き合いが長いですが、店頭で久しぶりに使ったら全然線が上手に引けませんでした。
ショックすぎる。

CLIP STUDIO PAINTには、線の手ぶれ補正機能が付いています。

ペンタブで使うならこの機能がついたソフトを買うのがおすすめです。

気になるソフトがあれば、手ぶれ補正をしてくれるか調べてみるといいと思います。
私はiPadのCLIP STUDIP PAINTで作画していますが、手ぶれ補正をつけていますよ。便利~!

手ぶれ補正機能があっても練習は必要です。

液タブの特徴

山本はイラストレーターデビューして3年目くらいに液タブを導入しました。

個人的にはペンタブより液タブの方があっていて、4年間くらい気に入って使っていました。

持ち運びがしたくてiPadに鞍替えしましたが、大きい画面に直接描きたい人は液タブ一択でしょう。

液タブのメリット
  • 画面に直接描ける
  • サイズ展開が豊富(すげーでかいサイズがある)
液タブのデメリット
  • ペンタブよりトラブルが多い
  • 持ち運びが辛い という感じです。

液タブのメリット

画面に直接描ける

これにつきます。

ペンタブとの一番大きな違いは、画面に直接描けることです。

多少練習は必要ですが、ペンタブより慣れるまでに時間がかかりません

サイズ展開が豊富

山本は13インチくらいのものを使っていましたが、最大で32インチのモデルがあります。

大きい液タブには、いまだに憧れます!

細かい絵を描く石油王は、でかい液タブ一択になるんじゃないでしょうか。

私も石油王になったら、巨大液タブを買うことでしょう。

え、待って、今2万円台で液タブあるの?XP-Penというメーカーだそうです。
レビューも悪くないし、いいものなのでは?詳しい人教えてください。

液タブのデメリット

ペンタブよりトラブルが多い

ハードがペンタブより複雑そうなので、当たり前っちゃ当たり前なのかも。

とはいえ、ケーブルが断線したとか、軽微なものです。

あと、初期不良に当たって無料で修理してもらいました。

持ち運びが辛い

13インチくらいのものを使っていましたが、iPadより重いので持ち運びが大変でした。

また、本体にお絵かき中に使える物理ボタンが付いているのでベゼルが大きいです。

左手デバイス8bitdo ZERO どんな人におすすめ? iPadお絵かきの友として欠かせないアイテム。 左手デバイス8bitdo ZEROをイラスト作成の時短になるので使っています。 ...

物理ボタンはとても便利だったので、今は左手デバイスで代用しています。

iPadの特徴

2017年から4年間、iPad Pro 12.9inchを使っています。

知人は普通のiPad(5万円台?)で趣味のお絵かきしているそうですが、快適だそうです。

iPadのメリット
  • 液タブより視差が少ない
  • 持ち運びしやすい
  • モデルがたくさんある
iPadのデメリット
  • 基本的に金がかかる
  • 12.9インチより大きい画面のモデルがない

iPadのメリット

液タブより視差が少ない

描いている場所とペン先の距離が近く、個人的には視差はまったく気になりません

しかし、ペンタブの根強いファンには視差を気にしている人がいます。

緻密な絵を描く人にとっては、視差は致命的な問題な気がします。

持ち運びしやすい

iPad自体が持ち運ぶことを想定して作られているので、液タブより軽いケースやバッグが充実しています。

角度が変えられるおすすめケース。

取材の時に私が使っているバッグです。

中が3つに仕切られていて、書類、iPad、ノートPCが入れられます。

私はiPadとノートPCを同時に持ち歩くことはないですが、仕切りと底にクッション性があるので安心して持ち歩けます。

私が使っているサイズは”スリム”です。サイズ展開が2種類あるのも嬉しいところ。

iPadのデメリット

12.9インチより大きい画面のモデルがない

持ち運ぶというコンセプトがあるからか、12.9インチより大きいモデルがありません

15インチが出てくれたら嬉しいなと思う一方、15インチを持ち歩くの?とも思うので複雑です。

おすすめお絵かきソフト

個人的にはどのツールでも、仕事に使うソフトはCLIP STUDIO PAINTです。

イラスト、漫画、アニメが作れる器用なやつです。

ただ、iPad版はウィンドウがごちゃごちゃしている!という悪評も聞きます。

これは、自分でカスタマイズすると利便性が爆上がりしますよ。

まとめ

長々と各ツールの特徴をまとめましたが、

最後にもう1回チャートの画像を載せときます。

雑なチャートですが、誰かの役に立ったらうれしいです。

コメントを解放しています。よかったらコメントください。
みんなもアイドル活、動略して朝活!しようよ~!

ブログランキング参加中です。
最近頑張ってブログを書いているので、押してもらえると励みになります。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください